平成28年度 医療法人社団志朋会 加納渡辺病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 0 4 17 27 44 51 73 106 220 105
当院の入院患者は、60歳以上が77%、80歳以上の割合は50%とご高齢の患者が多いことがわかります。在宅療養支援病院として、地域の高齢者の緊急入院に対応しており、近年の在宅型介護施設の増加にともなう影響も考えられます。 若年層は、痔核手術や骨折が多く労災、交通事故による入院も比較的高い比率です。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病名なし 3 - 9.87 - -
160580xxxxx0xx 腹壁損傷 手術・処置等2なし 2 - 8.60 - -
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病名なし 2 - 7.52 - -
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 1 - 11.97 - -
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 1 - 5.60 - -
転倒による頭部、腰部の打撲による創傷治療のほか、腫瘍摘出を行っています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。)手術なし 副傷病名なし 27 26.3 20.57 0 79.8
070343xx99x00x 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。)腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病名なし 18 25.4 11.16 0 77.6
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 18 45.5 27.63 5.6 75.5
160580xxxxx0xx 腹壁損傷 手術・処置等2なし 12 21.6 8.60 0 73.5
160980xx99x0xx 骨盤損傷 手術なし 手術・処置等2なし 7 - 20.45 - -
圧迫骨折をはじめとする腰部の疾患が多い傾向です。寝たきりになることを防ぐために早期にリハビリ介入をしています。
在宅復帰困難者も増える傾向で、これからは、療養型や施設などとの連携を強化が急務です。
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病名なし 27 21.9 17.95 7.4 77.8
0400801499xx002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上)手術なし 手術・処置等2なし 副傷病名なし 25 22.6 15.29 4.0 75.5
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上)手術なし 手術・処置等2なし 副傷病名なし 21 21.3 13.60 4.8 75.3
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病名なし 20 9.3 6.02 0 73.2
160650xx99x0xx コンパートメント症候群 手術なし 手術・処置等2なし 20 19.8 23.85 10.0 76.8
当院ではうっ血性心不全による入院は、高齢の女性が多い傾向にあります。
気管支肺炎による入院は、長期臥床による運動機能、認知機能の低下をもたらすため離床のため多職種によるチームアプローチを行っています。
在宅復帰にむけたリハビリと退院後の安定した生活維持のため介護サービス等の調整をするため、在院日数は平均より少し長めになっています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病名なし 2 - 12.43 - -
尿路感染による入院です。合併症の発生に注意し治療を行っています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 5 - 8.96 - -
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 4 - 11.97 - -
100100xx99x0xx 糖尿病足病変 手術なし 手術・処置等2なし 1 - 23.37 - -
080011xx970xxx 急性膿皮症 手術あり 手術・処置等1なし 1 - 18.22 - -
帯状疱疹は、幅広い年齢の方の入院があります。
褥瘡治療は、在宅において訪問看護師が行っていますが重度なものは入院により短期集中的に治療を施します。
肛門外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060245xx97xxxx 内痔核 手術あり 60 3.7 5.85 0 55.4
060235xx97xxxx 痔瘻 手術あり 11 3.0 6.55 0 50.0
060230xx97xxxx 肛門周囲膿瘍 手術あり 1 - 8.62 - -
日帰り手術から2-3日の短期手術を主として行っています。40-50代の方が多い傾向にあります。
高齢の方には、身体の負担を考慮し5-6日程度の入院にすることもあります。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - 1 第7版
大腸癌 - - - - - - 1 第7版
乳癌 - - - - - - 1 第7版
肺癌 - - - - - - 1 第7版
肝癌 - - - - - - 1 第7版
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がんの5大がんの患者数を、初発、再発に分けて分類しています。
当院は、岐阜大学病院や岐阜県総合医療センター等から症状の安定した方のリハビリ、在宅復帰調整のための入院が多い傾向にあります。そのため、初発、再発ともに件数が少ないため、「-」表記となっています。
退院後は、訪問看護ステーション等と連携して在宅療養をご支援しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 25 15.8 80.3
重症 21 23.8 78.5
超重症 - - -
不明 - - -
市中肺炎とは、普通に社会生活を送っている人に発症する肺炎です。基礎疾患があって在宅療養を送っている人や、高齢者に比較的発症しやすいといわれています。年齢が上がるに従い重度化する傾向があります。
当院でもほとんどが後期高齢者の方で、合併症を併発すると入院期間は長くなります。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
脳梗塞の病型別患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を示しています。
当院では、件数が少ないため「-」表記となっています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
肛門外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7434 痔核手術(脱肛含む)根治手術 54 1.2 1.5 0 53.4
仕事を持った現役世代の男性が多く、日常生活に支障がでないよう短期での対応をさせていただいています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術、肩甲骨、上腕、大腿 20 5.0 32.8 0 86.5
K0811 人工骨頭挿入術 16 2.3 40.3 0 87.3
高齢者の大腿骨頸部骨折の手術が多く、今後も増えていくことが予想されます。
昨年に比べ、術後の入院日数が少し伸びています。退院調整が難しい独居の高齢者などが増えたことが原因です。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
当院は、手術や処置を行う際には合併症を起こさないように細心の注意を払い施行しています。起こりうる合併症については、事前に可能な限り患者さんに説明したうえで、手術や処置に同意をいただくよう努めています。
更新履歴