トップページ診療科のご案内 > 内科・皮膚科・泌尿器科

診療科のご案内

内科

 高血圧糖尿病脂質異常症骨粗鬆症など生活習慣病の患者数は年々増加してきています。病名は同じでも、一人ひとりの患者さんの個人史・家族背景・社会的背景などは、異なります。高血圧症を取り上げてもいろいろな成因があります。副腎からアルドステロンというホルモンの分泌過剰による原発性アルドステロン症も以前考えられていたよりも頻度は高く、しっかり鑑別しておかなければなりません。治療法も異なるからです。糖尿病はインスリン分泌能の低下やインスリン感受性の低下によって起こってきますが、患者さんによって、これらの二つの因子の重さは異なります。最初にしっかりと必要な検査をした上で病態を把握し、一人ひとりの患者さんに適した治療法を選択させてもらっています。また、管理栄養士による継続的な食事指導や看護師を始め他のメディカルスタッフによるサポートも、患者さんが病気と長く付き合っていくためにはとても大切なことです。食事療法や運動療法を続けていくことは、その実、なかなか難しいことです。自分の生活を見直し、改めていくことが難しいことであるのも事実です。しかしながら、心筋梗塞や脳梗塞、腎不全による血液透析などの患者さんに不利益となる合併症をどうしても予防していかなくてはなりません。この目的のためには、いきなり100点を目指すのではなくて、たとえ30点でもいいですから、まずは身近なちょっとした生活習慣の改善を始めてみることが大切と考えます。私たちスタッフは、患者さんを中心としたチーム医療を目指して、一緒にスクラムを組んで歩いていきたいと思っています。また、当たり前のことではありますが、ちょっとした患者さんの体調の異常の中にも見落としてはいけない疾患が隠れていることがあります。しっかりと患者さんの訴えに声に耳を傾けながら診療させていただきます。気管支喘息やタバコが主な原因であるCOPD(慢性閉塞性肺疾患)なども、患者さんに分りやすく病態を説明して、治療には吸入薬などが必要なことも繰り返し、繰り返し説明させてもらっています。生活習慣病は患者さんが主治医です。患者さんが変わること、すなわち患者さんの自己変容がkey wordsです。私も日本内科学会認定総合内科専門医としての自覚を持って、謙虚に日々の診療に取り組んでいきたいと思っています。そして必要なときには時を失せずに近隣の総合病院と連携を取り合って、最適な医療を提供させていただければと考えています。気軽に何でも相談してください。


担当医のご紹介

担当医師:副院長 斉藤雅之

担当医師

副院長 斉藤雅之

≪専門医資格≫

日本内科学会認定総合内科専門医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日医認定産業医
人間ドック認定指定医
日本糖尿病学会会員
日本糖尿病協会登録医
日本東洋医学学会会員


皮膚科

 皮膚は一番身近な臓器で、私たちの体を守るバリアーです。また、「体の状態を映し出す鏡」でもあります。皮膚はとても強いバリアーですが、細菌に負けて化膿したり、紫外線に負けて悪性腫瘍が出来ることもあります。鏡として働けばリウマチ疾患や肝障害が皮膚症状として表れます。皮膚科は全身を広く見渡す診療科なのです。
 当院ではかぶれ、虫刺され、蕁麻疹、水虫、イボ、軽症のやけどの他、帯状疱疹や褥瘡等入院治療が必要なものなど幅広い分野での診療を行っています。
 皮膚の病気は市販薬で簡単に治療してしまいがちですが、しばしば適切な治療がなされずにこじらせてしまう事があります。皮膚で気になることがありましたらお尋ねください。

泌尿器科

 泌尿器科とは、尿に関連した臓器(腎臓、尿管、膀胱、尿道)と男性生殖器(陰茎、前立腺、精巣)の病気を主として扱う科です

 尿に血が混ざる、尿が出にくい等、気になる症状がある方は受診をされることをお勧めします。


ご利用にあたって
  • 外来について
  • 入院のご案内
  • 在宅ケア
  • デイケアセンター
  • 住宅型有料老人ホーム 有料老人ホームやくら
診療時間
 9:00〜
12:00 
15:30〜
19:00 
   
△14:00〜17:00 *救急患者様に対応
加納渡辺病院へのお問い合わせ 渡辺病院介護支援センターへのお問い合わせ デイケアセンターへのお問い合わせ 加納渡辺病院 有料老人ホームやくらへのお問い合わせ
  • 交通のご案内
岐阜県医師会社団法人岐阜市医師会