力を入れている治療

乳がんや、乳房のしこり、痛み、分泌物に対する検査、診察を行います。

 乳がんにかかる女性は年々増加しています。乳がんは働き盛りの女性に多い疾患で、30代後半から増え始め、40代と60代に罹患のピークがあると言われています。しこりなど自覚症状を伴うこともありますが、無症状のことも少なくありませんので、定期的な乳がん検診をお勧めします。40歳以上の女性は2年に1回の検診が推奨されています。
 当院では女性技師による撮影を行っております。また、検査の結果は当日に医師から説明を行います。


乳腺診療日時
受付時間
午前  9:00~12:00 × ×
午後 15:30~17:00 × × × ○※

※土曜日午後は(2、4週)14:00~16:00のみとなります

予約優先で行いますのでご希望の日時をご連絡ください。
電話番号  058-272-2129(代)


診察の流れ

診察の流れ


症状がない場合

乳がん検診 市町村の乳がん検診と自費検診
 乳がん検診の受け方には2通りあり、地域の保健センターや公民館で市町村が行う検診と、自己負担で行う検診があります。当院は自己負担での検診を行っております。
 検診は視触診とマンモグラフィー、乳房超音波検査を組み合わせて行います。


症状のある場合

 乳房のしこりや痛みがある場合、また乳がん検診にて異常が指摘された場合は保険診療にて精査を行います。視触診、マンモグラフィー、乳房超音波検査を行います。腫瘤やその他異常を認めた場合は必要に応じて、穿刺吸引細胞診や超音波ガイド下針生検を行い、良悪性の鑑別を行います。結果に応じて定期フォローや、高次医療機関への紹介、治療を行います。

検査方法
マンモグラフィー

マンモグラフィー

 乳房専用の機械で乳房を挟みX線を照射して撮影する検査です。両側の乳房を片方ずつ2方向撮影しますので一般的には4枚の写真を撮ります。
撮影のとき乳房を2つの板で圧迫することで乳腺の重なりを少なくし病変が見つけやすくなります。さらに乳房を薄く伸ばすことで被曝の低減につながりますが、検査に痛みが伴ってしまいます。一回の撮影での圧迫時間は10~15秒程です。可能な限り痛みの少ないように努めますのでご協力お願いします。


乳房超音波検査

超音波はX線ではなく音の反射で体内の状態をみる検査です。こちらの検査は専用のゼリーを肌に塗り、装置を当てて検査を行うため痛みや被曝はありません。検査時間は10~15分程度です。
小さな石灰化を伴う病変はマンモグラフィーの方が優れていますが、小さな腫瘤性病変(しこり)を見つけるのは超音波の方が優れています。
若い方や乳腺の多い方は乳腺に腫瘤が隠れやすいのでマンモグラフィーと超音波2つの検査による健診をお勧めします。


穿刺吸引細胞診

超音波でしこりを見ながら、細い注射針で細胞を採取する検査です。取れた細胞を病理医が顕微鏡で確認をして診断をします。


超音波ガイド下針生検

穿刺吸引細胞診と同様に超音波でしこりを確認しながら、針を刺して検査をします。細胞診よりも太目の針で、組織を採取します。局所麻酔下に行います。

ご利用にあたって
  • 外来について
  • 入院のご案内
  • 在宅ケア
  • デイケアセンター
  • 住宅型有料老人ホーム 有料老人ホームやくら
  • 住宅型有料老人ホーム 有料老人ホーム 城東
診療時間
 9:00〜
12:00 
15:30〜
19:00 
   
△14:00〜17:00 *救急患者様に対応
加納渡辺病院へのお問い合わせ 渡辺病院介護支援センターへのお問い合わせ デイケアセンターへのお問い合わせ 加納渡辺病院 有料老人ホームやくらへのお問い合わせ 加納渡辺病院 有料老人ホーム城東へのお問い合わせ
  • 交通のご案内
岐阜県医師会社団法人岐阜市医師会